2017年4月14日金曜日

2017・3・25忠類保育所ソロコンサート・新聞記事

伊藤さんから届きました。 当日の新聞記事です。

2017年4月11日火曜日

2017/3月25日幕別町忠類保育所・ピアノソロ・コンサート

前日は、お馴染みの帯広のジャズクラブ・B♭△7で、ソロとオーナー兼 ベースマン・ゲンさんとデュオ! ゲンさんのベースが益々冴えてきて、日々頑張ってるなー!と嬉しくなる。 25日のコンサートは、幕別に住む永年の友・伊藤博さんと準備に半年かけて、 実現した。 伊藤さんとは10年以上前、奥さんがピアノの先生でもあり、 グランドピアノがある自宅でのソロコンサートなどもしたことがあり、 今回は、自身が勤める虫類保育所に新品のピアノを買うので、 ぜひそのお披露目演奏に来てくれませんか?という話が来て、 その心意気に惚れ、やりましょう!となった。 当日は、伊藤さんの友人でもあり、以前コンサート企画などでも お世話になった木野村さんの車で、帯広のホテルを午前中に出発! 昼間は、日が差すと温かいが、夜は、非常に寒くなり、その温度差は、 年をとると厳しい。 まだ雪が残っている延々と続く畑を見ながら話しを聞くと、実は その温度差が、このあたりで獲れる麦や大豆の甘みを増し、 このへんで作ったパンやそば、あんこなどウマいという。 そして延々と連なる雪の日高山脈を見ながら、1時間ほどで現地到着!
所長さんや伊藤さん、スタッフのみなさんが暖かく迎えてくれる。 早速コンサート会場の下見へ! 調律の田中稔さんも帯広から出張して入念に調律中! とりあえず 、ピアノを弾かせてもらうとアップライトなのに グランドピアノのような低音の響きが! エエッ!なに!品番を聞くと、ヤマハのYUS3! こういうのも作ってるのか、高いよね?と聞くと、うなずく。 田中さんもピアノの音へのこだわり、愛情が深く、いい出会いに感謝! これなら絶対いいコンサートになると予感! 早速、いい響きがするピアノの置き場所を決め、残響が多めなので、 カーテンで調整! 昼間の3時開演なので、陽が差しこんで眩しいところなど調整して、 「このみ食堂」で昼食。 豚丼を頼むと、店の若店長が来て、渡良瀬とクニユキさんとのCDに サインを頼まれる。昔からファンだということで、ありがたい。 今日は、店のため来れないが、奥さんと娘さんのはるちゃんと弟の一平ちゃん が来てくれるという。
2時過ぎに戻ると、ちらほらお客さんの姿が! 子供は、保育所の子と小学生に声かけて、10人位で、 大部分は大人客になるという。職員室のソファーで少し休む。 開演! 会場は、満員で、一番前には、10人ほどの子供たちが。 まず一部は、客層を見て、大人のための童謡メドレー! ふるさとからおぼろ月夜~海・渡良瀬と! 人が入った分、響きがデッドになったが、 ピアノの低音と高音のバランスが良く、 気持良く弾ける。 子供達も大人のみなさんも集中して聴いてくれ、 手ごたえ良く一部終了!
二部は、子供たちにタンバリンなど好きなパーカッションを 持たせ、さんぽ、アンパンマン、にんげんていいな、など ジャズ風に弾いて、みなで歌い、叩き盛り上がる。 途中、おじさんとピアノで即興したい子いませんかー?と 聞くと、みな緊張して「いやぁー!」としり込みするが、 ちょっと脈ありそうな子を、難しく考えないで、好きなように弾いてみようよ!と、 手を引いて、ピアノに誘い出すと、難なく一緒に連弾できる。 そうすると他の子も私も!私も!と。 このみ食堂のはるちゃんや一平ちゃんも!結局、子供達全員と 楽しく即興連弾となる。特に一平君が面白かった。 この中から未来のジャズピアニストが? みなさん、純だ! 最後は、FOR YOUで、終了! ほとんどの人が初めてのジャズ、音楽体験だったと思う。 少しでも自身の音楽観が変わってくれたら!
それから、また帯広に戻って、「たたら」で打ち上げ! 元気のいい女将の田中さんもジャズ好きとのこと。 そういえば、コンサートの控室にあったウマそうな 「ユリ根シュークリーム」を食べ忘れたことを思い出したが、 後の祭り!次回に! 打ち上げの席で、調律師の田中さんの壮大な夢、 「広い畑の中に合宿もできる音楽施設を創って、世界中のいろいろな ジャンルの音楽家を講師として一定期間招き、生徒は、音楽だけでなく、 農作業も必須に学ぶ」という話を聞いて、素晴らしいと賛同! ぜひ実現を! みなさま、お疲れ様でした。
次の日、伊藤さんがホテルにわざわざ来てくれ、 空港まで、送って頂く。 途中、蕎麦屋「はな花」に寄る。 蕎麦がウマウマ!愛がいっぱい! 店員の女性の笑顔も心暖かく。 伊藤さん、ありがとう! お疲れ様でした。 素晴らしい時間でした。 ぜひまた! 木野村さん、みなみなさまに、感謝!、

2017年4月8日土曜日

2017/3月9日辺野古・高江・応援見聞記

3月9日 午前10:30小禄の田原屋さんに集合! 今回初来店で、朝食は、カレーセット。 相変わらずウマい! レオナ家族と出発! 今日も風が少し寒い。
一旦、辺野古キャンプシュワブ近くの 久志の専用駐車場に止めて、送迎車を待つ。 すぐにボランティアの村上さんが来てくれ、ベースとタップ板をのせて、 辺野古キャンプシュワブ第1ゲート前へ! 前に来た時の座り込みテントも残っていて、 今日は、姿が見えないが、文子ばあさんも 元気に来ているという。 パトカーが結構走っていて、ゲートあたりで車をちょっとでも 止めると、厳しくチェックするという。
第1ゲート前で、近くに住む永年の友、大五郎さんと再見! 今回、事前にスタッフにゲート前演奏を伝えて、 すでにゲート真向かいに、マイクなどセッチングして、 待っていてくれた。ありがたい! ゲート前には、座り込みの人が見える。 そしてゲート前にバリケードの警備員10数人が、 何事かと不信の目でこちらのステージセッティングを 見つめている。米兵も音に釣られて姿を見せる。 座り込みの人も増えてきて、午後1時すぎから 演奏始める。楓子ちゃんは、座り込みの女性に 抱いてもらう。 前作の辺野古訪問で作った「ちゅら海を汚すな!」 「サトウキビ畑」「平和に生きる権利」など30分位演奏。 おおいに盛り上がり!ガンバ!また応援に来ます!
また駐車場に送ってもらい、いよいよ高江初訪問へ! 途中第2気ゲート前を通ると、ちょうどゲートが開き、 埋め立て用土砂を積んだトラックがゲートを入ろうとしている。 もの凄い数のトラックが長蛇の列!をなして待っている。 ゲートで座り込みの人達は、右横の囲いに監禁されている。 本当は、知事の了承が無ければ、排除することは、違法なのだそう! 少し先の「せだけ」という所で、車を止めて、その浜から辺野古の海を 見る。 前来た時よりも更に無意味に巨大に拡大し、海を占領したポール! そしてポールの間には、効果あるとも思われない、カヌーの侵入を 防ぐためという鉄線が張られていた。 ここにも多大な税金が! 政府に日雇いで雇われている地元の漁師の監視船も 相変わらず!これも税金!
40分位走って高江メインゲート前に! ここはMUDRANゲートとも呼ばれる。 1人の警備兵のみ。 少し走ると高江N1ゲート前へ! 去年、ここの座り込みの強制撤去が、行われた曰くのゲートだ。 そのゲートの前にはセコムの警備員が10人位、直立不動で立つ。 異様だ! 他の5つのゲートも同じように、なんと1時間交代で24時間体制! なんという・・・・。ゲート横の金網のそばまで登って中を見ると、 4、5人の警備員が不審そうに集まってきて、なにやら無線でしゃべっている。 その近くに座り込みテントで、責任者ゲンさんにいろいろ話を聞く。 ヘリは、今は、毎日飛んでるわけでなく、不定期にいきなり大量に 夜昼関係なくやってくるそうで、その騒音は、もの凄い轟音、大地も震え、仕事にもならず、 体が不調になる人多い。ここに集中させて基地を作ることも納得いかず。 ここも地元住民無視なのだ。
それから、裏N1ゲートへ! 車で走っていると、目につくのが、 基地内の、よく耕され、手入れされた畑だ。 雇われて畑を管理し、作物は、基地に! 裏N1ゲート入り口には、青テントが張られ、 中は、撮影禁止。結構若い地元の人が数人。 青テントを抜けて、鬱蒼とした狭い山道を少し登ると、 板張りのゲートが! 目を良く凝らして見ると、その奥には、また警備員の姿が! でもこのあたりなら、ゲート以外でもこっそり入れるような気がする。 大五郎さんたちも、昨年のバリケード強制撤去の日は、ここから中に入り、 山道を登り、表ゲートに応援に駆け付けたが、間に合わなかったという。
瘀長知事が一度も辺野古などに姿を見せてないことに、 一部で、本心が解からなという人もいるが、その後、 知事が辺野古に行き、初の抗議行動が報道された。 また、不法に長期勾留されていた山城議長も釈放され、 「絶望は、しない」と元気な姿が、報道で見られたのは、嬉しい。 しかしテロ法案は、市民運動の危機にも! その中にも、明らかに沖縄の辺野古、高江向けの法案がある。 要注意! 辺野古、高江で声を上げ続けるみなさん!勝つまであきらめない! 地道に、めげず、明るく、がんばりましょう! また行きます。 お世話になった皆さま、ありがとうございました。

2017年3月22日水曜日

2017春・板橋文夫・濤踏トリオ・バースデー・沖縄ツアーの日々

3月7日(火) 格安航空機で、沖縄・那覇に前乗り。 安い分だけそれなりに、チェックインとか時間がかかり、 持ち込み手荷物2個だけ、重さ、長さなどチェックが厳しい。 途中気流が乱れ結構揺れる。 出発時間も遅れ、着くのも予定よりかなり遅れ、 壺川の格安のウイークリ―マンションについたのが夜8時過ぎに。 意外と風が寒く、コート持ってきて○。 1日前に現地入りし、他の民泊マンションを借りた初の小連れツアーの、 レオナと瀬尾君とチャイハナで会う。 チャイハナも新装開店で、大きいビルに建て替わり、その2階に! ピカピカでスペースも広く、大よそ前の裸電球の暗かった店と、 180度変わってしまい驚き! 店長の明彦さんは、足が良くなくて入院中で、新店長と初見。 今回の企画の中心となった平田たっぺさんと協力してくれたトランペットの 新里君とも再会を祝して乾杯! 5か月になる楓子ちゃんも、あまり泣かず、元気! じっと見つめる目が可愛い! 昨夜は、確定申告の計算に時間を取られ、 ほとんど寝不足なので、早々に帰って寝る。 3月8日(水) ライブ那覇・久茂地「チャイハナ」開演19:00 バースデイ当日! 今日も曇りで少し寒い! モノレールで店に4時入り。 ビルに建て替えられ、2階のチャイハナは、綺麗な店に変身。 昨夜の打ち合わせとうり、広い壁面にステージをセッティング、 グランドピアノになり、中古だが弦を全て張り替へ、新品同様で、 ちょっとまだ音が硬いがいいバランスだ。 会場の響きは、少しワンワンするが、お客さんが入れば程よくなりそうで、 生で十分だ。 お客様もいっぱい来てくれ、北海道の東町の「叢舎」のお母さんも 明日の辺野古、高江視察も兼ねて、はるばる来てくれ、嬉しい。 レオナの初のタップにお客さんの目は、釘ずけ! 途中バースデイケーキも用意してくれ、みなさんに祝ってもらい感激! 途中、楓子ちゃんの鳴き声が聞こえたが、音楽に溶け込み、喜んできいているようだ。 レオナさんは、ステージ中は、楓子ちゃんを他の人に預け、休憩中おっぱいを 飲ませたりと大変だが元気! 珈琲・田原屋さんの井手さんたちも店終わってから、かけつけてくれ、 再会を祝す! アンコールもトランペットの新里くんも入り、数曲して、 大盛りで、初日ライブ終了!お疲れ様!
3月9日(木) 2年ぶりの辺野古応援と高江初視察へ! この日の様子は、別のコラムに書きます。 3月10日(金) 投げ銭ライブ「観覧車・開店祝い」20:00開演 今日も天気良くなく、夜は雨に! 19;00入りなので、昼過ぎ近くのスーパーマーケットとで、 食糧買い出しへ!インスタントカレー、インスタントライス、 長ネギ、豚肉、もやし、ヨーグルトなどなど! さすがウイクリ―・ホテルは、鍋からフライパン、調理用器具、電子オーブンなど全て 揃っていて、皿と箸がないかと思って、チャイハナやマーケットで、 調達したが、ガスコンロの下を探したら、それも揃っていたのだ。 早速いつもの納豆カレーに目玉焼きなど作り、昼飯! モノレールで、牧志へ! 2月にオープンした旧友の幸江さんの店で、急遽決行! カウンターとソファーの広くない店で、ソファーを少し 外に出しステージを作り、ピアノが無いので、鍵盤ハーモニカで! それぞれの音の響きが良い! 息が切れるかと、短く2回と予定したが、ノッテしまい、10時すぎまで やってしまう。新里君もアンコールで! 慣れない鍵盤ハーモニカを吹き続けて、少し頭痛がし、 打ち上げて、早めにホテルへ!お疲れ様!
3月11日(土) 今日は、オフ日! 今日も曇っていて、風寒い。 たっぺさんに薦められた沖縄の高嶺剛監督の18年ぶりの 映画「変魚路」見る。 18:00から桜坂劇場で上映だったが、少し道に迷い、 5分遅れてしまう。 シュール!過去と現在全ての時間軸が変に、記憶の迷宮に! 不思議なパタイ村の光景がずっと残っている。 古い8ミリネガの生々しい処理など映像も美しい。 唐の世から大和の世、そしてアメリカの世から大和の世、 大和の世から沖縄の世、誰のものでもない沖縄、プシュー、プシュー! 沖縄民謡の大城美佐子さん凛として素晴らしい。 主演は、沖縄芝居の平良進、北村三郎、そして伝説のロッカー・ 川満勝弘さん! どこかでまた見たい。
3月12日(日) ライブ・久茂地「サウンドM’s」開演19:00 特別ゲスト・翁長巳酉・松村志門 あっという間に、もう千秋楽ライブ! 16:00入り! 初めてサックスの松村さんと会う! 早速リハ!久しぶりのおながさんのパーカッションの 音が沖縄の風呼ぶ! 初共演の松村さんもデイープなイムプロの音が聴け、 いいライブになると、予感! スペースは程よく音の響きも良い! 少しずつお客さんも入り、19:00には、ほぼ満員に! 意外と沖縄時間でないのだ!意外! 2部は、全員で演奏し、アンコールは、トランペットの 新里君も加わり、「ホイヤー」で大団円! そして更に3曲もつづき、終わったのは11時超えていた。 みなさまお疲れさまでした。 思い出に残るライブになりました。 みなさま、ありがとう!
3月13日(月) 帰りを1日延ばして、午前中、珈琲ショップ・田原屋さんで、たっぺさん、 観覧車の幸江さん、瀬尾君と待ち合わせ。 今日は、初めて晴れて、暖かく沖縄っぽい天気になった。 店自慢のカレーセットを食べて、車でチャイハナの元店長・ 明彦さんの入院する首里城近くの病院へ。 ちょうど、昼食の時間なので、食堂の中で彼らしい後ろ姿を 見つけ、間違えないか、恐る恐る顔を見ると、彼だった。 凄く痩せてさびしそうな後ろ姿だったが、顔を見合うと、 たちまち顔色が良くなり、笑顔が見れた。 食事も残さず食べ終わったところで近くのソファーで、 話す。 肝硬変と転んで、足が弱くなって、右手のしびれなどの リハビリ治療中とのことで、治るまで、もう少しかかりそう。 夜など時間持て余して、辛そうだ。 とにかく、退院後の大約束の了解を得たので、良かった! ガンバレ!明彦!会えてよかった! その後、平和市場奥のほうに店を出してるオナガさんの店 「プンガポンガ」に行く。小さいけどブラジルの雑多な物で一杯! 店自慢のビーフシチュウ風の定食を食べる。柔らかくてウマい! それから、昨夜のライブにも来てくれた遠藤さんの店「珈琲・えんどう」 に行って、290円の珈琲を飲む。ウマい!! どういう訳か、近辺に珈琲ショップ多い! それから皆と、夜9時のステーキハウスジャッキーでの 打ち上げを決めて、一人アウトレットモール・あしびなーへ行く。 これが、こんなに手間取ることになるとは!? 実は、バースデープレゼンにもらったTシャツが良くて、 そのブランドのある店で、他の服を見たかったのだ。 そこに行くバスは、いろいろあって、とりあえず、近くの モノレール駅・奥武山に行き、駅員にバス停を訪ねると、 階段を下りた近くだと言われ、探すと、1時間に一本のみで、 20分近く待つので、行くか迷うが、決めたら最後待つ! しかし、10分位たっても来ない!15分遅れでやっとバスが止まったが、 このバスは、行くか尋ねるとなんと、反対側のバス停だと言われる。 ええー!もうこんなに待ったのにと、文句言ってしまう! 止めようとと思ったが気を取り直して、那覇空港からなら何とかなるかと 思い、空港でバス停を探すと30分に一本で、20分待ちなので、待ち疲れで、もうタクシー に乗る。またラッシュで混み合い、3000円近くかかってしまう。 そのモールも広くて100店舗近くあり、その店探しも大変! やっと探し当てたが、残念ながらもらったTシャツよりいいのは、無し。 ああー!変な予感はしたが、これも来たからこその結果だ。良いのだ。 バスで空港へ、モノレールで、ホテルへ戻ったのは、8時前、クタクタで、 皆にジャッキーの待つ役をしてもらって、後から行くことにして、休む。 9時過ぎ電話すると、後20分くらい待つというので、モノレールで旭橋へ、歩いて行くと ちょうど皆席についた所で、ラッキー! ビールで乾杯!打ち上げ!おつかれさまー! いい旅でした。ありがとう! いつもここに来るが、ステーキは、最高!もう1枚、みなイケそうだが? それから皆で田原屋さんへ! 来た時は、いつも行くワンちゃんの散歩へ! 17歳なので、前より元気ないが、だんだん鼻息荒くぐいぐいと引っ張られる 30分位で戻る。恒例の散歩が、叶い嬉し! いよいよ明日は、帰京!
3月14日(火) ホテル11時チェックアウト。 便利でいいウイクリ―・ホテルだったが、 2階だったのが、見晴らし良くないので、 次回は、高層階指定可能か聞いたら、それは無理そうで、 運次第とのこと!沖縄らしい! 13:30出発なので、また田原屋さんに立ち寄る。 瀬尾君一家は、夜の便。 珈琲とサンドイッチ食べ、井手さんに車で送っていただく。 ありがとう!みなみなさま!お世話になりました。 思い出に残るバースデイになったこと皆さまに感謝です。 暖かい沖縄の心、胸に染みました。 また来ます。どうかお元気で! 板橋文夫